蒋経国

李登輝著「最高指導者の条件」(PHP)読了。

お年を召されたせいか、「台湾の主張」(PHP)に溢れんばかりに存在した、「書かずんば已まず」と言う裂帛の気合は陰を潜めていますが、それでも遅読派をして一晩で読破させるだけの内容の濃い、想いのこもった好著です。

ただ、最初の読後感は、「蒋経国の心中や如何」でした。


蒋経国。蒋介石の息子にして総統、国民党主席として李登輝の前任者です。

一般には有能な二代目と言う定評ですが、別の一面も確実にあった人物です。


蒋経国が李登輝副総統(当時)に対し、心中を吐露しなかったのは事実と思います。

「自制と諦観」。これが蒋経国を読み解くためのキーワードです。

(続く)
[PR]
by dokkyoan | 2008-06-19 17:51