日本と言う厄介者

体調が快方に向かいつつあるので舞い戻ってきました。

いつ「沈没」するか分かりませんが、根気良く付き合ってやって下さい。


近代日本は列強にとって、常に期待を裏切る存在でした。

日清戦争勃発の一報を受けた時、欧州列強の見方は好意的なものでも「引き分け」だったと思われます。

少なくとも緒戦から日本の勝利を断言した列強首脳は皆無だったでしょう。

それが勝ってしまった、張出大関を十両が投げ飛ばしてしまいました。

阿片戦争から太平天国の乱までの期間を「第一次対中列強侵略期」とすれば、洋務運動で少しは国力も回復し、地域の安定勢力になるとの列強の「見立て」を完膚なきまでに粉砕し、その「見立て違い」を暴いたのが、他ならぬ大日本帝国でした。


日本と言う存在は、動けば少なくとも極東の均衡を崩す存在なのです。

日露戦争ではバルチック艦隊まで葬ってしまい、そのため当時のペテルスブルクはがら空き状態、英独仏の侵略に対抗する海軍力が消滅したのですから、相手に急所をさらす結果となり、しかも日本に負けたことで「列強格付」の順位が下がりました。

ですからペテルスブルク防衛には、最強の列強にして「海の覇者」大英帝国か、躍進著しい「陸の王者」帝政ドイツのいずれかと手を組む必要がありました。(仏は今も昔も対露資本投資に最も積極的です)

つまり日露戦争に於ける日本の勝利は、東アジアに於いては旧ロシア権益を獲得しただけでなく、大英帝国の中国権益を除けば、対抗勢力は消滅したことになります。

英米が日本に対し「程々にしろよ」と言うのも無理ありません、極東と東欧の政治的均衡に痛撃を与えたのですから。

ですが日本にも引くに引けない理由があります、「食うか食われるか」、そして「食えるか食えないのか」と言う切実な問題を抱えていたのです。

(続く)
[PR]
by dokkyoan | 2012-02-10 16:54