時間がないので、オバマ大統領の「やけくそ戦略」

オバマ大統領の再選の目は、このままでは皆無です。

「ごーるどまん・さっくす」は確実にヒラリーで勝負してきます。

民主党予備選で勝つのはおそらくヒラリーですが、その時に備えての「切り札」がシカゴです。


米国大統領選挙は各州の選挙人団を奪い合う制度になっていますが、人口の多い州ほど選挙人団が多く、順不同で列挙しますと、カリフォルニア州、ニュー・ヨーク州、テキサス州、フロリダ州、そしてシカゴを擁するイリノイ州です。

参考までにニュー・ヨーク州はヒラリー女史の地盤、対するイリノイ州がオバマ大統領の出身地で、仮に民主党予備選でヒラリー国務長官に敗れても、独自候補として出馬しイリノイ州を本選挙で死守すれば、テキサス州とフロリダ州をおそらく共和党が獲得するでしょうから、ヒラリー女史の勝利を阻止できます。

厳密には選挙人団の過半数を獲得した者が米国大統領に選出されますから、下手をすると共和党も民主党も過半数を握れず、ここでオバマ候補の選挙人団が漁夫の利を獲る公算も無きにしも非ずです。

2012年の選挙は通常と異なる、異例の事態の連続になる可能性もあります。

(続く)
[PR]
by dokkyoan | 2011-04-19 00:49