復刊のお知らせ

体調不良やその他諸々の事情で休刊を頂戴していましたが、僚誌「現代中国に関する考察」はどうしても中国に重点を置かざるを得ず、そのため同誌では割愛或いは俎上に載せることが出来ない話題等が多々あり、それらも言葉として残しておくのが責務と考え、微力ながらその責務遂行のため復刊を思い立った次第です。

その主旨に従えば、後生に対して「善」をより少しでも多く残し、「悪」をより少しでも滅するのが、小誌のみならず日本人として生を受けた者の「特権」であると思料致しております。

換言しますと、我々の祖先が艱難辛苦の末に積み上げた蓄えを食い潰し、己の取り分まで先取りすることは愚か、子孫に残す分にまで手を付ける輩、殊にその意識すら持たない愚物に対しては呵責のない非難の矢を放ち続ける所存です。

従いまして、「今」を取り上げることが多くなることは否めませんが、執筆者としては古今東西、話題も政治経済から歴史や生き方(人生観)に至るまで、多岐に亘らせる考えです。

毎日は無理としても、週に二度乃至は三度入稿出来ることを希望しています。

今回はご挨拶まで、僚誌共々ご愛読頂ければ幸甚です。

(了、以上文責小誌)
[PR]
by dokkyoan | 2011-01-13 15:33