世を毒する言動、空疎な報道・社説・論説等に遠慮仮借なく鉄槌を下します。


by dokkyoan

住宅業界

今年半ば以降、国内の住宅着工面積は対前年比で著しく落ち込んでいる。

理由のひとつとして、建築基準法の改正が挙げられている。

確かにそれは正しい。

しかし、真相は別の所にある。


住宅着工面積、すなわち供給量が減り続ける一方で、仮契約件数、需要も低下し続けているのだ。

何故か。

耐震偽装に端を発する、住宅産業への不信感もあるが、最大の要因は、販売価格が高すぎることにある。

少し前に、都内を中心に地価のミニバブルが生じた際、業界内で土地の奪い合いが発生し、その結果、業者の取得価格が上昇してしまった。

業者とすれば、採算を採るためには売値を上げざるを得ない。

しかし、それは購入者の希望買取価格を大幅に超えている。

かくして、供給が減っているのに需要も減るという怪現象が起こっているのである。


因みに、日経系を中心に、今の状況を「値上がりを見込んだ業者側の売り惜しみ」を表現する輩(特に小谷真央子)がいるが、笑止千万である。

住宅の分譲、発売にまでこぎつけるのに、業者は多額の借金をする。必然的に利子が発生する。

業者は利子も含めて返済せねばならない。

つまり、「時間との勝負」である。

「売り惜しみ」できる訳がない。


結論:住宅価格は遠からず底割れする(もう、始まっているかも知れない)


次回は、爆笑問題、特に太田光を取り上げる。

(了)


追記
以下のブログも閲覧願えれば幸いである。

「おん爺U」の抱腹絶倒 株式レーティング

春秋の風 論語の心 孔子の生 - 春秋編 -
春秋の風 論語の心 孔子の生 - 論語編 -
春秋の風 論語の心 孔子の生 - 孔子・弟子・家族編 -

共産党中国に関する考察
[PR]
# by dokkyoan | 2007-11-17 16:04

少し考えれば分かる

何事も、少し考えれば、そのからくりは見破ることができる。


もし、お時間があればお試しあれ。


寝る前に、胸に手を置き、その日の出来事で少し、合点の行かぬことについて、思いを巡らして見給え。

1分でも良い。30秒でも構わない。

納得の行かないことと、大仰に構えなくとも良い。思い出したことで結構。

何か得られることがあるはずである。頭にピンとくるものがある。


身近なことからも、色々教わることがある。


例えば、住宅業界。

今、住宅は買い時か。

少し考えれば結論が出る。

(続く)

追記
以下のブログも閲覧願えれば幸いである。

「おん爺U」の抱腹絶倒 株式レーティング

春秋の風 論語の心 孔子の生 - 春秋編 -
春秋の風 論語の心 孔子の生 - 論語編 -
春秋の風 論語の心 孔子の生 - 孔子・弟子・家族編 -

共産党中国に関する考察
[PR]
# by dokkyoan | 2007-11-16 20:42

芸人の高学歴化

昨今、東大、京大、慶応、早稲田といった、所謂「一流大学」出身の芸人がテレビを賑わしている。(芸人とは「お笑い」のジャンルに属するもので、芸能人とは異なるらしい)

何が哀しゅうて、勉強した挙句に、他人を笑わすだけの生業に就かねばならんのかと、秘かにその風潮を嘆いていた。


しかしある時、はたと膝を打って納得するに至った。

これも、「教育崩壊」の結果なのだと。


有体に言えば、芸能界は食い詰め者の行く世界である。少なくとも古来から戦前に至るまで、その認識が揺らいだことはなかった。

今も、実態はそうなのだが、手っ取り早く大金を手にしたいという拝金主義蔓延の影響もあって、本来、来そうにない人間までもその扉を叩くようになった。


しかし、昨今の高学歴化には別の理由がある。

戦後60年、世代にして2世代にわたる白痴化政策によって、日本人全体の脳味噌の中身の水準が著しく低下した結果、芸人の世界でも、以前の出身階層(出自)に頼っていたのでは、お笑い芸人の質が保てなくなったのである。

要するに、客(普通人)を笑わすことすら出来ぬ輩しか、人材として調達できなくなったのである。


その結果、二極化が生じた。

高学歴芸人(以前のマシな脳味噌の芸人)



馬鹿芸人(以前では想像を絶するスペシャル馬鹿)に。

(了)
[PR]
# by dokkyoan | 2007-11-15 16:14