世を毒する言動、空疎な報道・社説・論説等に遠慮仮借なく鉄槌を下します。


by dokkyoan

奇手 ~トランプの切り札~

トランプ候補の選挙戦術をみていると、織田信長を想起してしまうのは小誌だけでしょうか。

無い無い尽くしだったからこそ、農家の次男坊以下の「食い詰め者」や、足軽以下の身分の低い者に武器を与えて戦力にしたのが信長です。

一般に米国の共和党の支持基盤は、主流派(ジェフ・ブッシュ)、キリスト教右派(クルーズ)、リバタリアン(自由至上主義者、ロン・ポール)、それにティー・パーティ(小さな政府派、ルビオ)に大別されますが、いずれも大勢を占めるに至らず、加えてそれぞれ相容れない部分があります。

要は、支持基盤と言う既得権益に乗っかっているので、いずれの候補者も全体を纏めることが出来ないのです。


トランプ氏の支持基盤は違います。

プア・ホワイト(白人系低所得者層)とプア・ヒスパニック(中南米系貧困層)の票の掘り起こしに成功したのです。

労働者も気付いています、労働組合が働く者の擁護者ではなく、一部の「労働貴族」と「公務員貴族」と言う、「楽して生涯の収入が保障されている連中」の打ち出の小槌になっていることを。

ヒスパニックも分かっています、己が次の安価な労働力に取って代わられるまでのパート・タイマーであることを。

何で格差が拡大するのか、何で失業せねばならないのか、どうして不法就労が理由で首切りに怯えなければならないのか、民主党も含め誰も回答を与えてくれません。

金持ち(主流派)も神様(キリスト教右派)も自由の女神(リバタリアン)も減税(茶会派)も、この肝心な部分には知らんぷり、ところがトランプ氏は違います。

プア・ホワイトとプア・ヒスパニックの切実な願いに明快な答えを提示したのです。

自分が金持ちだから、政治献金は受け付けない、だから富裕層の傀儡にならないと断言し、不法移民のこれ以上の流入を完封することで、ヒスパニックに安堵感を与えています。


ただ、かねてより言及しています通り、副大統領候補を誰にするかが、この爺さんにとっての最大の問題、ですが共和党の首脳陣と密談することは自殺行為です。

党内の派閥と折り合いをつけても、同候補に対する期待感が凋むだけ、ここはやはり奇手を繰り出して、妥協も譲歩もしない姿勢をみせねばなりません。

ではそんな願いを叶えてくれる人物がいるのか、います。


他ならぬトランプ氏の娘、イヴァンカさんです。

まず超の付く才色兼備、子供ですから、すり合わせも妥協も不要、結婚を機にユダヤ教に改宗していますが、ここを何とかすれば勝てます。

灯台下暗しとはこんなことを言うのでしょうか。

(続く)



[PR]
by dokkyoan | 2016-03-23 23:19