世を毒する言動、空疎な報道・社説・論説等に遠慮仮借なく鉄槌を下します。


by dokkyoan

地方巡業 ~承前~

連合軍の占領下にあった日本において、たとえ皇居におられようと、暗殺を含め昭和天皇の殺害は比較的簡単な作業でした。

それをしなかったのは戦犯として裁く心積もりが戦勝国側にあったから、そしてこれを身を挺して阻止したのが日本国民でした。

あくまで表向きながら、大日本帝国憲法に基づき、当時の帝国臣民に対し戦えと命じた天皇を、戦地に赴いて(或いは民間人も含めて)死ねと言った天皇を擁護したのは、帝国臣民から日本国民に衣替えした我等の父祖(同胞)でした。

実際は「食うために、生き延びるために、持たざる国から持てる国へと変貌するために大陸侵略已む無し」とする帝国臣民と、「戦争をすれば必ず敗れ、そこ苦痛は数倍する」と考える昭和天皇は、逆の意味で鋭く対立していたのですが、ではいずれが正しかったかと言えば「両方が正解」でした。

だからこそ戦後に、「繁栄」と「平和」の両方を日本は手にすることになるのですが、それは統治者(天皇)と被統治者(国民)が手を携えていることが大前提となりますが、その命を以て今日の発展の礎を築いた我等が先人に対して、敬意と感謝の念を持ち続けることは必須と信じます。


GHQに続々と届く「昭和天皇助命嘆願書」を観て、連合軍構成国、殊に米英は異なる印象を持ったと思われます。

そのまえに両国の立場の違いを確認しますと、朝鮮半島南部に軍政を敷いた米国は、中国の河北や直隷地方に軍を進めることは可能ですが、英国としてはそれをされると中国経営は水泡に帰します。

英国にとって幸いなのは、米国が「人道的」で「列強如き野蛮な行為」を忌み嫌う傾向にあることで、相応の口実がなければ出兵の可能性は低いですし、出兵出来ない様にするのが上策です。

日本で泥沼状態に陥れば良いのですが、一部の地域は英国の占領下にあったのでそれは得策ではありません。

とすると「日本を平穏な状態に置いたまま、米軍を身動きが取れない状態にする」が望まれます、しかも米国も納得する形で。

此処から英国の渾身の外交が始まります。

(続く)
[PR]
by dokkyoan | 2013-01-26 12:00